アマルガム除去治療

しろた歯科のアマルガム除去治療

悩み

原因不明の頭痛や肩こり、イライラや不眠などに悩まされてはいませんか?もしかしたらそれは虫歯の治療で詰めた「銀歯」が原因かもしれません。では、アマルガムと呼ばれる銀歯の詰め物や、被せ物に使用されるパラジウム合金は身体にどんな影響を及ぼすのでしょうか。

鎌倉市大船の歯医者「しろた歯科」では、患者様に健やかな生活を送っていただきたい想いから、身体に負担のない安全な素材への詰め替えをご提案しています。

アマルガムとは?

妊婦さん

「アマルガム」とは、虫歯の治療に使用する銀歯の詰め物です。米国では150年以上の治療実績があり、日本でも材料が安価で加工がしやすく保険適用されるため1970年代ごろまで頻繁に歯科治療で用いられていました。しかし、アマルガムの成分に水銀が含まれているため、人体への影響を危惧する声が高まり、近年では使用している歯科医はほとんどいません。

健康への意識が高いドイツでは、「アマルガム」の詰め物や、被せ物に使用される「パラジウム合金」は乳幼児・出産を望む女性、妊婦さんには使用が禁止されているほど。そんなアマルガムやパラジウム合金を、日本では“今まで何も問題がなかった”という理由で使い続けられていたのです。人体に悪影響を与えているかもしれない材料ですので、当院では他の素材への詰め替えをおすすめしています。

アマルガム除去中!

アマルガムの成分

アマルガムが引き起こす害とは?

アマルガムに含まれる重金属は、毒性が強いため、身体全体にいろいろな悪影響を及ぼすと言われています。

原因不明の不調・痛み
・イライラ
・頭痛
・アレルギー
・不眠
・肩こり
ホルモンバランスの乱れ
・リウマチ
・膠原病
皮膚や内臓に重金属が蓄積
・活性酸素を発生させる
・肌や細胞の老化を早める
アトピーや皮膚炎の発生
・唾液や食事などによりアマルガムが腐食し体内に入るとたんぱく質と結合し、アトピーのような症状をはじめ、手や足の裏に湿疹がでることがある
妊婦さん・子どもへの影響
・妊娠しにくくなる
・水銀は胎児や母乳にも影響を及ぼす可能性がある
見た目が悪くなる
・周辺の歯や歯ぐきが黒ずんでしまう

アマルガムを除去して、健やかな毎日を

アマルガム除去治療

アトピーやアレルギー皮膚炎の患者300人を対象に、銀歯の詰め物や、被せ物に使用されるパラジウム合金を除去する調査が京都の歯科医を中心に行われました。1年後、調査に参加した人のうち、58%が完全治癒。70%もの人の症状が改善されたのです。大人だけでなく、子どものへの影響も報告されています。1997年の調査で、京都の小学校に通う子ども250人のうち、38%がアマルガムによる治療を行っており、そのうち48%の子どもが皮膚炎の症状を発症していました。

当院では、アマルガムの詰め物や、被せ物に使用されるパラジウム合金を他の素材へ替える「アマルガム除去治療」を行っています。身体に優しいセラミックなどの素材をご用意しておりますので、気になる方は一度ご相談ください。

アマルガムが体内に入らないよう、当院では患者様の防御も徹底しておりますので、ご安心ください。

参考動画:見えない水銀の蒸気を特殊撮影

当院へのご予約/求人へのご応募はこちらから